phe-rolls

The Legend Behind The “Scrapwood Wallpaper”

CREATOR

僕たちはオランダに小さなビーチハウスを持っているんだけど、 妻のEstherが壁は廃材にして、ビーチの雰囲気のあるインテリアに したがっていてね。一束の廃材をオーダーしてみた。 庭に運び込まれた廃材たちはそんなに大きな山ではなかったけど、 ビーチハウスには電気が通っていないし、トラックもない。 それになにより僕は器用じゃないから僕が行動を起こすまで 時間がかかることをEstherにはわかっていたんだと思う。   Estherのアイディアでもあるんだけど、 僕にはグラフィックデザインの経験があったから、 印刷して壁紙にするのはそんなに手間がかからないと思ったんだ。 不器用な僕が廃材で壁を作るとなると出来上がるまでに 数年かかると思ったんだろう。で、スキャンしてみたんだ。     衝撃を受けたよ。   ディテールが最高だったんだ! 思わずパソコンの画面を触って確かめたくらいさ!   それで他の廃材も試してみたけど、 結果はどれも同じで最高の仕上がりだった。   デジタルプリント会社を訪ねてロールの製作をしたんだ。 僕たちの家のリビングにも貼ったんだけど、 その効果には目を見はるものがあったよ。   そして突然ひらめいた。   これはビーチハウスの壁紙だけにしておくのはもったいない! もっと大きな可能性を秘めていると直感したんだ。 僕はPiet Hein Eekの大ファンだったから、 廃材でデザインするなら彼しかいないと思った。   今でこそ廃材を使ったデザインは人気だけど、 その当時はまだまだ知られていなかったんだ。 僕一人じゃ廃材を完璧なデザインの壁紙に仕上げることはできない。 でもPietは1990年から廃材を扱うスペシャリストだから 彼の力が必要だったんだ。すぐに行動を起こしたよ。   彼との接点なんてなかったから、彼のHPのメールアイコンをクリックしたんだ。 数日もたたないうちに彼からの返信があって実際に会うことになった。 ロールを見せたらすごくクールだと言ってくれてね。 5分程で契約が成立したよ。

SCRAPWOOD WALLPAPER 1

SCRAPWOOD WALLPAPER 1 BY PIET HEIN EEK

彼をパートナーに迎えることはすごく広告効果があって、 予想よりはるかに大きな効果が得られて、 1年後には世界40カ国で販売するまでに成長したんだ。   Pietと仕事するのは本当に楽しい。 僕たちは同じメンタリティーで、とにかくやろう!がモットー。 僕は彼にもっとはっきり何がしたいか教えてほしいんだよ。 何を考えているかまるでわからないからね(笑) 彼のデザイン画を見てもさっぱりなんだ。 でもたまになんとなくわかる時もあるよ。   僕たちは気が合うし、仲良しだからね。    

SCRAPWOOD WALLPAPER 2

SCRAPWOOD WALLPAPER 2 BY PIET HEIN EEK

 

SHARE ON Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone