SMALL IS BEAUTIFUL
【mineheart】

CREATOR

WALPA store TOKYOWALLPAPER MUSEUM WALPA / OSAKAで現在コラボキャンペーン中のmineheart。
前回のブログで、mineheartの世界への扉を開きました。
さらに歩みを進めて、彼らのデザインワンダーランドを堪能しましょう。

 

彼らが生み出すデザインは、生活と密接な関わりを持っているとお伝えしました。
作品が生み出されていくプロセスはとても現代的であり、
その背景を知ると「確かに!」と納得してしまう感覚を覚えるに違いありません。

 

彼らの生活スペースはmineheartのデザインに大きな影響を及ぼしました。
自分たちが愛するものを全て集めたくても、空間には制限がある。
では、自分たちの家に選ぶとしたら?
スペースを無駄にせず、美しく愛するものを家に置きたい。
そんな思いを胸に、彼らは多くのデザインを生み出したのです。

 

彼らが愛用していたダイニングテーブルを灯すシンプルなペンダントライト。
一方、自分たちの家には大きすぎる華やかなシャンデリアへの憧れ。
この2つを融合させひとつのプロダクトへと昇華させた「King Edison pendant lamp」は
mineheartのシンボリックな作品になりました。

<WALLPAPER MUSEUM WALPA / OSAKA併設のWALPA CAFEにてこちらのランプを使用しています。>

 

 

同じ発想から生み出されたのはこちらのラグ。

<WALPA store TOKYO内にて実物をご覧いただけます。>

 

2種類のラグを敷くには狭すぎるリビングルーム。
選択肢はない。ペルシャとカウハイドをミックスしてデザインしよう。
どちらかを選ばないのではなく、それぞれを生かし新しいものへ。

 

彼らのこの発想とアイデアは、私たちの日常の延長線上のものではないでしょうか。
奇抜に感じるデザインも、私たちとそう変わらない目線で捉えられ
生み出されているものなのかもしれません。
彼らは日用品や身の回りのものに命を吹き込んでいるのです。

 

mineheartのデザインアイデアを身近に感じる壁紙、
Black Chesterfield Button Back Wallpaperこちら

こちら、なんと彼らが利用しているインターネットオークションサイトで見たソファの写真から着想を得たもの。
自宅にある家具の多くはオークションで買い揃えているそう。


くるくると巻かれた壁紙を広げて貼るだけで、あっという間に総革張りのボタン留め。
こんなにカッコよくて、重厚感もあるのに全然重くないんです。
壁にはもちろん、建具、小物や撮影バックにもおすすめです!


次回ブログではmineheartの壁紙を施工した空間をリポートします。
9/5更新予定です!お楽しみに。

 

「mineheart×WALPA」でコラボキャンペーン開催中。
2019/9/30まで!

WALPA store TOKYOWALLPAPER MUSEUM WALPA / OSAKAには
mineheartのWall Artが登場。このポートレイトになりきってぜひ画像をSNSに投稿を!
ハッシュタグ「#mineheartWALPA」を忘れずに。

 

また、キャンペーン期間中にmineheartのアイテムをご購入いただくと、
mineheartオリジナルスケッチペンシルをプレゼント。
数に限りがございますので、お早めに!


各ストアのSNSもcheck!

WALPA store TOKYO  instagram / facebook
WALLPAPER MUSEUM WALPA / OSAKA  instagram / facebook