p4-p7

WALPANIAN CAFE in TOKYO1

WALPANIAN MAP

お店のテーマ

「ハンドメイド」自分たちで手作りした空間でお客様に楽しんで頂きたい。(壁紙やペンキだけでなく、レジカウンターなどの家具も手作り)

貼ってみての感想

閉店後などに少しずつ施工していきました。 自分で壁紙を貼れることも知らなかったし、やったみたら思っていたよりカンタンでびっくり!お客様に、自分たちで貼ったと 言うと、すごく驚かれます。フリース素材のものは ”貼って剥がせる” ところも魅力的

お客様の反応

女性のお客様が多いのですが、入ってきた瞬間に「あーかわいい!」って言って下さいます。一階の雰囲気が特に人気です。 女子会で使っていただく時に、みなさん壁紙を背景に写真を撮っていかれます。 半個室とカラオケルームがあるのですが、それぞれ違う壁紙を貼って場所ごとにイメージを変えています。それぞれの場所 で写真を撮ったりして楽しんでいただいています。 サラリーマンの方も来られるのですが、「おしゃれなので会社の飲み会で使いたい!」と予約をいただくこともあります。 最近、トイレを施工したのですが、一階の雰囲気とはまた違うポップな感じにしてみました。常連の方に「見て見て!」って感 じで、トイレを見せてます。特に、リサのフレームとカウンターのタイル柄がお気に入りです。 次はカラオケルームのテーブルの天板に、木目柄か、オレンジの壁紙を貼りたいと思っています。やりはじめると楽しくて、ど んどんカスタマイズしたくなります。床と天井も早く変えたい! ワルパに行くと、おしゃれな壁紙がたくさんあって、ずーっと居たくなります。

p4-p7

WALPANIAN CAFE in NAGOYA1

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

ラグジュアリーな空間

貼ってみての感想

少し難しかったけれど、スタッフみんなでワイワイ楽しんで貼りました!

お客様の反応

特にトイレの壁紙への反応がいいです。「斬新!」とのお声が多いです。

P3-P8

WALPANIAN HOME CENTER in KANAGAWA

WALPANIAN MAP

貼ってみての感想

もともとDIYが好きで、デザイナーのピート・ヘイン・イークみたいに木材でキッチンをDIYしたこともあるんで すよ。WALPA STORE OSAKAにも行ったことがあり、壁紙でおもしろいことをしたいなと思っていたところ、上 司から「今までにないホームセンターを」と指示があり、WALPA STORE TOKYOに行きました。 宮前平はファミリー層が多い地域から米澤さんから「人が集う場所」というイメージでこのPHOTOWALLの壁 紙をご提案いただき即決しました。

評判は上々で、撮影の依頼や売り上げも上がりました!

p4-p7

WALPANIAN CAFE in NAGOYA2

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

僕の「こんなカフェがあったら…」を実現しました。男性でも入り

やすくを意識しました。

貼ってみての感想

デザイナーさんの提案でこの壁紙をはじめて見たとき、お子さんもご来店するので本物の木は・・・と思っていたのですが、触ってびっくりしました!

お客様の反応 

この木の質感にはみなさん驚かれます。いまだ壁紙とは気づいていないお客様もいるんじゃないかな。

 
 
p3-p8

WALPANIAN SALON in TOKYO2

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

シャビーアンティーク

貼ってみての感想

インパクトのある壁紙2枚を貼るので浮くのではないかと不安でしたが、意外と空間になじんだので良かったです。破いた切替部分も初の試みでしたが、面白くなったと思います。

メディアへの露出

TV番組のロケ場所としてよく使用されています。

P3-P8

WALPANIAN CAFE in TOKYO2

WALPANIAN MAP

お店のテーマ

シャビーシック。扉はグレイッシュなピンクのペンキで可愛く。

貼ってみての感想

カウンターの小口のところが初めは難しかったですが、やってるうちにだんだん慣れてきました。貼る作業自 体が凄く楽しかったです。
食器棚の扉とか、”真っ平らな面を見ると、壁紙を貼りたくなる衝動” が出てくるようになりました(笑)。 本当はお店の壁を全面スクラップウッドのPHE-08にしたいです。 余った壁紙で換気扇のカバーも貼ってみました。切れ端をどこに利用するかを考えるのも楽しかったです! カウンターに元々、モールディングの枠があって、最初はそれを「どう隠そうか」と考えていたのですが、ワルパ ストアの米澤さんに「この枠を黒板にするのはどうですか」という案をもらって、枠の中にチョークボードペイ ントを塗ってメニューボードに使っています。

トイレはグリーンダマスクの壁紙を貼りました。 この壁紙は一目惚れでした!見た瞬間、これはトイレに貼ろう!と決めました。 柄合わせが難しかったです。それを思い返すと、スクラップウッドウォールペーパーは、木目で柄を気にせず 貼れるのでいいですね。

お客様の反応

PHE-08は本物の木と思われる方がほとんどで、「これ、壁紙なんですよ」と言うと驚かれます! トイレに入った瞬間「わぁ!オシャレ!」って笑顔になってくれます。 あと、「この壁紙はどこで買えるの?」て聞かれることも多いです! ワルパ、結構いろんな方に紹介してますよ(笑)

louise3

Louise body interview

CREATOR

      

      

Q.壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか? 

もともと私は柄が続くデザインを作っていたから自然な流れで壁紙へのシフトしたと思うの。 他とは違うものが欲しい人たち、もっと「アーティスティック」なものを求めている人たちにとっては限られた選択肢しかなかったから面白い壁紙を作ってみたらどうかって思ったのよ。その時の壁紙業界はまだあんまりファッショナブルじゃなかったから挑戦してみたかったっていうのもあるかな。2001年頃だったと思うんだけど、私はBrightonに住んでいて”Housebound”というグループ展示会に参加していたの。そこでスクリーンプリントの壁紙を貼ってみたらいい反響をもらえたの!   

Q.壁紙に関する最初の思い出は? 

私の育った家には玄関とバスルームにローラ・アシュレイの壁紙が 貼ってあったわ。私の両親のチョイスよ。どちらかといえば暗くて重苦しいデザインだったと思う。小さい時から色ペンで壁紙やファブリックのデザインを描いていたの。実を言うとその時のデザインを今も使っていたりするの。”Toyshelf”は私が10歳の時にデザインしたものなのよ。   

Q.自分のブランドを立ち上げる前に壁紙業界での経験はありましたか? 

まったくなかったわ。私は画家だったけど、デザイナーじゃなかったの。Housebound展示会で壁紙を作ると決めるまではね。経験がなかったからいろんな人に教わりながらなんとか形にしていったの。当時は今のようにデジタルプリントが流通していなかったから壁紙を作るのが一苦労だったのよ。     

Q.製品化にいたるまでの苦労話、エピソードはありますか? 

一番難しいのは、いつコレクションが発表できるかってこと。今ではほとんどの製造面の問題をクリアしているけど、デザインを仕上げるのにはいつも苦労するの。でもそれが一番大事なことなの。私はデザインに没頭しているときは、“そのデザインが売れるかどうか”ということを全く考えられないみたいなの。     

Q.壁紙が自分にとって大切なものになると思ったのはいつですか? 

昔からパターンをデザインするは好きだったわ。大学時代の作品も柄がリピートするデザインを描いていたの。壁紙を作り始めの頃に賞賛をもらってお客さんが私の壁紙を買ってくれたのを見て気がついたの。自分の好きなことをして成功できるんじゃないかって。     

Q.避けられたであろう失敗はありますか? 

いっぱいありすぎてきりがないわ!後知恵は素晴らしいもの。いつも思い通りにはいかないでしょ?すごく気に入っているデザインでも全然売れない時もある。そのデザインを作ったことに後悔はしないけど、そのために投資したことには後悔するわ!     

Q.あなたのブランドで一番大切なことは何ですか? 

大切にしていることは新鮮さ、革新的なデザイン、質の良い商品、そしてトレンドの最前線、というよりトレンドが私達を追いかけてくるくらいの位置を走り続けるということ。   

Q.インスピレーションはどこから得ているの? 

インスピレーションはふとした瞬間にやってくるの。誰かとの会話や出会いの中や、田舎道を散歩していた時に見かけた古い壁とかね。いつも持ち歩いている携帯のカメラでそういう瞬間をキャプチャーおくの。その時はその写真がどうデザインに影響するかはわからないけど、とりあえず気になった風景をストックしておくの。 そのことは私の仕事に確実にインパクトを与えるわ。私は自分の家族の歴史と強いコネクションを感じていて、それもデザインに反映させているわ。私の祖母はふたりともアーティストで二人の絵や被写体をデザインに取り入れたりもするの。     

Q.あなたのブランドを単語1つで表すとしたら? 

私自身     

Q.デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか? 

会社を始めるまでは画家だったの。Nottingham Trent University(ノッティンガム・トレント大学)で美術を学んでいたの。会社を始めた当初もまだブライトンにスタジオを持っていて展示会で絵を売っていたわ。旅行も好きでインドに1年、メキシコに3ヶ月行っていたこともあるのよ。     

Q.愛する人に壁紙を送るとしたらどのデザインですか? 

自分のデザインの中からってこと? だとしたら夫との素敵な海辺での生活を思い出すFlightかしら。   

Q.あなたのブランドの中で一番売れている壁紙はどれですか? 

Garden Birdsね。初期のデザインのひとつで、それからずっと人気のデザインなの。     

Q.尊敬している壁紙のブランドはありますか? 

Marimekko, St Jude’s, Deborah Bowness、それに Tracy Kendall!みんな尊敬しているし大好きなデザイナーよ。   

Q.壁紙業界に今後期待することはありますか? 

理想的にはコピー品が少なくなってもっとデザインを守ってほしいと思っているの。とてもたくさんの会社が壁紙を作っているでしょう?残念なことに他のデザイナーの作品を模倣して安い値段で質の良くない商品を売って儲けている会社もあるのよね…。そういうのをあまり見たくないの。     

Q.あなたの壁紙を楽器に例えるなら何? 

ギターね!だってみんなギターは好きでしょ?     

Q.日本と、日本の市場についてどう思いますか? 

日本に行ったことがないからすごくエキゾチックで遠くの存在ってイメージ。夫は東京に言ったことがあるのだけれど、未来に行ったみたいだったよって話してくれたの。綺麗でキラキラしていたって。日本のデザインは大好きよ。日用品のパッケージでさえ素晴らしいと思うわ!トレードショーで見る日本の商品はいつもよくデザインされていて正確でハイクオリティだと思う。だからそんな日本で私のデザインが受け入れてもらえているということを誇りに思うわ!   

Q.最後に日本のファンに一言! 

ありがとう!   

Q.あなたのデザインにインスピレーションを与えたお気に入りの場所、街はありますか? 

たくさんありすぎて一つに絞れないわ!私は海へ行くのは好きで、いつもインスピレーションを得ているから地元のHastings(ヘイスティングス)はTop5に入るわね。それとイングランドの東南の沿岸にあるSouth Downsっていう白亜の崖もお気に入りの場所のひとつね。あと母の住んでいる南フランスのプロバンスも好きよ。行くたびに心が動かされるわ。   

Q.誰かあなたに影響を与えた人はいますか? 

私の祖母はふたりともアーティストで、私が最も影響を受けた人たちね。娘に二人の名前をつけたり、二人の絵や被写体をデザインに取り入れたりもしているの。

20160823_catch

8月のPVランキング。

WALPA jp

こんにちはWALPAです。またしばらく更新が滞ってしまい本当にすみません。 ブログのリニューアルを企画中ですがなかなか進まず・・・   8月は夏休みもあり少しスロー気味なWALPAです。今日は8月ここまでのページビューランキングをご紹介したいと思います。売上ではなくあくまでもページビュー、いわゆるPVです。好評なら定期的にご紹介しますよっと。 ※壁紙のデザインのランキングとしてご紹介したいので、サンプルやセットなどは除外したランキングになっています。  

一位はちょっと意外な・・・

  8月23日現在、約1万5千以上もの壁紙を見ることができるWALPA。 その中で一番見られているデザインはなんだろうとデータを見てたらトップテンはなかなかおもしろい結果になりました。    

No.1 – Stars(HIBOU HOME)

  1位はイギリスのブランドHIBOU HOME(イブ・ホーム)から『Stars』 シルバー、ブルーグレー、ピンクと全3色展開の中から、ピンクだけがランクイン。他の2色は500位以内にも入っていないのに・・・この差は何なんでしょう。   実はこのカラーはWALPAの本部オフィス(大阪)のキッズルームの天井に貼ってあって、その画像はページでも紹介しています。  

HIBOU HOME / Stars HH00801

HIBOU HOME / Stars HH00801

 

No.2 – Briques(koziel)

  続いてはWALPAの柄の中でも常にダントツ人気のレンガ柄。中でもフランスのkoziel(コジエル)のこの白レンガはWALPAスタッフならほぼ全員が品番を頭に叩き込んでいるぐらいの人気のデザイン。ミニマルなコーディネートにもナチュラルなコーディネートにもイケるコが安定のランクイン。   去年の終わりに発表したWALPAのランキングでも4位にランクインした、つねに成績優秀な優等生レンガです。  

KOZIEL / Briques (レンガ) 8888-101K

KOZIEL / Briques (レンガ) 8888-101K


 

 

No.3 – b.b. 479638(rasch 2017)

  3位に入ったのはドイツのrasch(ラッシュ)社の壁紙から、ウッド柄の新定番になりつつあるこのデザイン。WALPAの人気ランキングで常にランク入りするあの壁紙を追い落とさんばかりの勢いで売れ続け、発売開始直後は供給が追いつかないほどでした。何度緊急輸入したことか・・・ raschはもともと世界でも有数の壁紙メーカーですが、ここ数年日本でも急速に知名度が上がってきている、壁紙初心者にも安心しておすすめできるメーカーですよ♪  

rasch 2017 / 479638 (b.b.home)

rasch 2017 / 479638 (b.b.home)

 

No.4 – SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK PHE-03(NLXL)

  この記事を読んでくれているような壁紙に興味がある方ならばきっと知らない人はいない、であろうピートが4位にランクイン。ピートが入らないわけないよな、と思いながらランキングを開いていって3位までに入ってなかったので、おそるおそるビビりながら開いたら4位にいました。   WALPAでも一番画像投稿も多いこのデザインは、もはやWALPAのド定番。なのに何度見ても飽きない不朽の名作です。  

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-03

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-03

 

No.5 – Tranquil Aqua(Graham & Brown)

  5位はちょっと渋好みな味わい深いブルーが魅力のTranquil Aqua。 質感も良くてちょっぴり和紙のような雰囲気。是非お店のカタログで実物を確かめて欲しいデザインです。  

Graham & Brown / Pure Tranquil Aqua 100535

Graham & Brown / Pure Tranquil Aqua 100535

 

No.6 – Stylized Cactus on Shelves Wallpaper(koziel)

  続いては少し前に発売開始したばかり、koziel(コジエル)のサボテン柄!今年期待の新作です。フランスでもサボテン・多肉植物はブームになっているようで、うまくデザインしています。   少し前からデザイナーとのSkypeミーティングでは何度となくチラ見せしてくれていて、あーでもない、こーでもない言いながらやっと出来上がったのが今作。本国でも評判は上々のようです。いつもあまり注文が入らない国からも注文が殺到しているようで、WALPAでもさっそく在庫して絶賛販売中です♪  

KOZIEL / STYLIZED CACTUS ON SHELVES WALLPAPER

KOZIEL / STYLIZED CACTUS ON SHELVES WALLPAPER

 

No.7 – SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK PHE-08(NLXL)

  ピートが4位のPHE-03に続いてPHE-08もランクイン。トップテンに2種類ランクインしたのは上のkozielとピートだけ。やっぱり圧倒的。   そしてWALPAのユーザーがいかにフェイクデザイン(『Trompe-l’œil(トロンプ・ルイユ)』とも言いますね)が好きかがよく分かります。  

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-08

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-08

 

No.8 – Parquet(Ella Doran)

  ヘリンボーン強し! 今回もっとも驚いたのはこちら。WALPAの中でも決してメジャーではないイギリスのブランド、Ella Doran(エラ・ドラン)の新作がランクインです。 これまでもヘリンボーンの柄はありましたが、ここまでカンペキなヘリンボーンはこれが初めてかも。輸入壁紙としては珍しく幅が110cmあるので貼るのにちょっとコツがいりそうですが(しかもミミあり)、「壁をヘリンボーンにしたい!」という欲求を満たしてくれる真打ちの登場です。  

Ella Doran / Parquet

Ella Doran / Parquet

 

No.9 – ナガスクジラ(kata kata) 【WALLTZ】

  WALPAでは国内のクリエイターのオリジナルデザインの壁紙を発信する姉妹店WALLTZ(ウォルツ)の壁紙も購入することが出来ます。 そのWALLTZからダイナミックなクジラのデザイン。ミューラル(壁画)タイプでは一番のPVで。   kata kataは2004年より活動を開始した松永武と高井知絵によるユニットで、型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。 kata kataさんの絵柄はクジラの他にクマ、オオカミ、マンドリルなどあって、豆皿がとても可愛いんです。私もお店で出会えたら買いたいなと思ってるんですが、なかなか出会えないのでオンラインショップで買おうかな。。。。 壁紙はクジラの他にクマも販売中です。  

【WALLTZ】 kata kata / ナガスクジラ

【WALLTZ】 kata kata / ナガスクジラ

 

No.10 – LIFE CREATIVE COLLAGE(1wall)

  「LIFE」誌の表紙を飾った歴史的な価値のある写真を選りすぐってポスターのように、自由に貼っていい新しいタイプの壁紙。ユーザーの方がさっそくインスタでも投稿してくださってます。  

1 Wall / Creative Collage LIFE CREATIVE COLLAGE

1 Wall / Creative Collage LIFE CREATIVE COLLAGE

 

<<後記>>

いかがでしたでしょうか、販売数ではないPVでのランキング。個人的には結構面白かった。好評でなくてもまたやりたい。   ちなみに10位のLIFE。去年メーカーからカタログで新作お知らせが来た時は実はスルーしかけてたんですが、1月にドイツの展示会で実物を見て輸入を決めた商品でもあります。やっぱり壁紙は実物を見てなんぼやで!て脳内でエセ関西弁で叫んだ想い出深い一品になっています。みなさんも気になるデザインがあったら是非ショップに足を運んで下さいね。 壁紙を商品と呼ぶのは個人的に結構抵抗があるんですが作品というのもちょっと大げさすぎる気もしていたりします。中にはもちろん「作品」と呼ぶにふさわしい壁紙もありますよ。

ブログ用

PIET HEIN EEK FURNITURE 取扱い開始!

WALPA store OSAKA

※一部既に廃番の商品が含まれている場合がございます

 

ピート・ヘイン・イークマニアな方に朗報!

    WALPA大阪店『WALLPAPER MUSEUM WALPA OSAKA』では2016年7月3日(日)より、家具の販売を開始します。 販売するのはWALPAでも人気の壁紙「SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK」でもお馴染みのPIET HEIN EEK(ピート・ヘイン・イーク)の家具。 ピートの家具を実際に見ながら買えるのは西日本ではWALPAが初となります。  

◆ショールーム詳細

場所:WALLPAPER MUSEUM WALPA OSAKA 2F 住所:〒551-0013 大阪市大正区小林西1丁目15-12 営業日: 月〜土曜(10:30〜11:30/14:00〜17:00) 日曜・祝日(10:30〜18:00) 電話:050-3538-8903 問い合わせ先:osaka@walpa.jp :販売するPIET HEIN EEKの家具は、WALLPAPER MUSEUM WALPA OSAKAの2階カフェスペースに常設展示されており、ショップのスタッフが実際に使用するスペースでもあるため、よりリアルなインテリアコーディネートで見ることができます。    

◆実際に見ることができる家具は・・・

 

CHANDELIER IN PLYWOOD(プライウッド シャンデリア)

CHANDELIER IN PLYWOOD ¥669,600(incl. Tax)

CHANDELIER IN PLYWOOD
¥669,600(incl. Tax)

:何種類かのプライウッドで作られたパーツを、組み立てていくことで作られるシャンデリア。 他の作品を作る際に出た廃材を、効率的に利用できないかと考えに考えた末に生まれました。クラシックなシャンデリアをモチーフに、組み立て可能な新たなコンセプトのシャンデリアとなっています。

   

CANTEEN OAK TABLE(キャンティーン オーク テーブル)

CANTEEN OAK TABLE ¥702,000(incl. Tax)

CANTEEN OAK TABLE
¥702,000(incl. Tax)

:「CANTEEN=食堂」と名付けられている通り、デザイナーのピートが工房の20人以上の職人とともに毎日のランチを囲んでいるテーブルをベースに出来たのがこのテーブル。WALPAスタッフも毎日このテーブルで実際に毎日ランチをとっています。    

SCRAPWOOD CHAIR(スクラップウッド チェア)

SCRAPWOOD CHAIR  ¥91,800(incl. Tax)

SCRAPWOOD CHAIR
¥91,800(incl. Tax)

:自然の中で見つけたスクラップ材木を使った、世界にひとつしかないチェア。チェアの裏には、ピートの刻印もアリ。    

SCRAPWOOD STOOL(スクラップウッド スツール)

SCRAPWOOD STOOL ¥45,360(incl. Tax)

SCRAPWOOD STOOL
¥45,360(incl. Tax)

:自然の中で見つけたスクラップ材木を使った、世界にひとつしかないスツール。スツールの裏には、ピートの刻印もアリ。    

◆展示以外の家具ももちろん取寄せ可能

 

40×40 TABLE(40×40 テーブル)

40x40 TABLE ¥2,808,000(incl. Tax)

40×40 TABLE
¥2,808,000(incl. Tax)

:壁紙でも人気のこのデザイン。インダストリアルはもちろんナチュラルなインテリアにもマッチするデザイン。 お値段がすごい。  

SCRAPWOOD PILING COFFEE TABLE(クラップウッド パイリング コーヒーテーブル)

SCRAPWOOD PILING COFFEE TABLE  ¥540,000 円(incl. Tax)

SCRAPWOOD PILING COFFEE TABLE
¥540,000 円(incl. Tax)

:一見すると積み上げた廃材の塊にしか見えないこのテーブルは、高さ25cmの超ローテーブル。      

◆西日本初!

  世界的なデザイナーでもあるピート・ヘイン・イーク。廃材(スクラップウッド)を使い素材の新たな魅力を引き出す家具であるSCRAPWOOD(スクラップウッド)シリーズは彼の代名詞的存在で西日本で始めて常設展示で見られます。 WALPAでは彼の思想そのまま手軽にインテリアに取り入れられるようにデザインされたSCRAPWOOD WALLPAPERシリーズを2011年のオープン時より販売していますが、この壁紙シリーズは日本のみならず全世界で人気に火がつき、メーカーであるオランダのNLXL(エヌエルエックスエル)社は『壁紙界の小さな巨人』と呼ばれるほどに業界に多大な影響を与えています。 廃材の家具からのインスピレーションで壁紙が生まれ、WALPAは壁紙を取り扱ってきたことで今度は本家のスクラップウッドの家具も取扱い開始。 今回の販売開始により、西日本のピート・ヘイン・イークマニアたちは家具と壁紙の両方でスクラップウッド三昧決定。ご来店お待ちしております<(_ _)>