top

How to make over your furniture !

HOW TO

お気に入りの家具を壁紙とペイントで自分好みにアレンジしちゃおう!

  『オリジナルスツール』教室は WALPAで人気のワークショップ。   今回教えてくれるのは、 WALPA STOREのスタッフ   それではいってみましょう!   tool ●材料 ・スツール(組立式の家具が作業しやすくておすすめです) ・お好みの壁紙 ・お好みのペンキ ・ニス ・壁紙用強力糊ハケカッター竹べら ・スポンジ ・紙やすり(↑の画像にありません) ・ドライバー(あれば電動ドライバーが楽ちん)   ※ペンキとニスは姉妹店のイマジンペイントストアへGO!   001

(1)壁紙を貼る

:スツール座面に強力のりを塗ります :壁紙を場所を意識しながら貼りましょう       002

(2)余分な壁紙をカット

:余分な壁紙をカットします :フチはカッターの刃を斜めに当てながらカット(最後にやすりをかけるから細かいところは気にしない!) :のりが乾いたら、フチの部分にやすりをかけてなめらかに       003

(3)スツールの足にペンキを塗る

:ていねいに塗ります :座面裏にネジで留めるので見えないところは塗らなくてOK! ※二度塗りするとムラなくきれいな仕上がりになりますよ       004

(4)壁紙を貼った面にニスを塗る

:壁紙表面にニスはやさしくうすく塗ります ※ニスも二度塗りがベター :フチにやすりをかけます       005

(5)組み立て!

:全てのパーツののり、ペンキが乾いたら組み立て!       007

(6)完成!

:ここまで大体90分ぐらい 休日の手軽なイベントにオススメですよ♪     006

(おまけ)アレンジ

:ペンキの重ね塗りでこんなアレンジも!      

<注意事項>

・壁紙は表面がビニール素材のものはおすすめしません のりが乾きづらいのとニスで表面のビニールが変質してしまう場合が! ・雨の日など湿度が高い日にやると乾きにくいので時間がかかります ・乾かすときはドライヤーで乾かすとより早く出来ます    

>>>WALPAで人気のスツールワークショップ

 

top

オリジナルデコレーションパネルの作り方講座

HOW TO

WALPA STORE の人気のワークショップ『オリジナルデコレーションパネル』教室。昨年11月のジャパンテックスでも行い3日間の期間中たくさんの方に世界で一つだけのパネルを作っていただきました。   今回は作り方を大公開。教えてくれるのはWALPA STORE 大阪の手タレ看板娘の徳ちゃん。   それではいってみましょう!   tool ●材料 ・パネル(無塗装のもの)お好みの壁紙(1mあればOK) ・お好みのペンキ ・壁紙用強力糊ハケスムーサー ・スポンジ ・カッター(↑の画像にはありません)   ※ペンキは姉妹店のイマジンペイントストアへGO!   Paint the Frame

(1)パネルをペイントする

:パネルの縁の部分に好きな色をペイント :縁の内側も忘れずに ※壁紙を貼る部分は塗りません       Apply with a Sponge

(2)色を重ねる

:(1)のペイントが乾いたら次の色を重ねます(上塗りすることでより深みが出ます。もちろん単色でもOK!) :上塗り用のペンキをスポンジに少量つけてうすーく(下塗りの色が消えないように)塗り重ねます。 :つけ過ぎてしまってもスポンジで軽く拭ってあげれば大丈夫!       Paste

(3)壁紙を貼る

:(2)のペイントが乾いたら壁紙を貼る部分にのりを塗ります :端まできっちりと :壁紙を貼ってスムーサーで空気を抜きます       Fold the edges

(4)クセ付けする

:余分をカットするためにしっかりとクセ付けします :スムーサーを当てて癖をつけながら余分を折りたたむように       Trim the Extra

(5)余分をカットする

:(4)で付けたクセにスムーサーをしっかりとあてて余分の壁紙をカットします :一辺は一度にカット(途中でスムーサーとカッターをパネルから離さずに)       FInish

(6)完成!

:余分をカットしたら出来上がり! :ここまで大体1時間ぐらい       おまけ

(おまけ)アレンジ

:流行のシャビーテイストには経年劣化したような加工ができるクラックアップ塗料でわざとひび割れさせます。      

WALPAで人気のデコレーションパネルワークショップ>>>

 

スツールのリメイクの仕方>>>

 

ペンキ、クラック塗料は姉妹店のイマジンペイントストアへ>>>

  – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –  

この記事で紹介している商品はこちら>>>

 

2015 Collection (896114) - rasch (ラッシュ)

2015 Collection (896114) – rasch (ラッシュ)

owls-abigail

Owls of British Isles – Abigail Edwards

http://walpa.jp/products/detail.php?product_id=79602

無塗装デコレーションパネル(45cmx45cm)

Wallpaper x Stairs

階段で魅せる。

HOW TO

  今回のテーマは「階段」   階段をもっと遊びましょう!というお話です。とはいっても階段でこんなことしたりあんなことしたりしましょうというのではないので念のため。   そして「インテリアにおける階段とはなんぞや」とか建築学んだわけではないので残念ながら深い考察もできません。WALPAらしく階段エリアを自由に飾って遊んでいる好例をご紹介。   とっとといきましょう。    

階段を森に。

  Wallpaper x Stairs    

フレンチシャビーな花畑。

  Wallpaper x Stairs Wallpaper x Stairs    

階段 × タイルは相性バツグン

  Wallpaper x Stairs Wallpaper x Stairs    

階段をドッグランに

(そうじゃない・・・) Wallpaper x Stairs    

Mix n’ Match

  Wallpaper x Stairs    

ジグザグシェブロン

  Wallpaper x Stairs    

踏んだら音がしそう♪

  Wallpaper x Stairs    

虹の階段

  Wallpaper x Stairs Wallpaper x Stairs    

完成度高!

冒頭の写真の全貌。タイルのパターンがバラエティに富んでいる分、色数は抑えめ。 Wallpaper x Stairs       いかがでしょう?   階段てただ単にフロアが変わるだけではなくパブリックゾーンからプライベートゾーンへ移る入り口だったりかなり重要。 階段で視覚的にアクセントを付けてやることで頭を切り替わるというか、思考(至高)のワープゾーン的な。 屋上が使える家屋だったら屋上へと続く階段には空に雲が浮かんでる壁紙なんていいかも。そんでもって屋上はBBQスペースにしてオープンでプライベートなゾーンに。屋上には人工芝おいてテント貼りたい!でも屋外に人工芝敷く場合は台風等で飛ばされないように対策しっかり練らなきゃですね・・・って階段の話じゃなくなってきてる(笑)   ここまで書いておいて何なんですが私の住まいには階段がありませーん! マンション暮らしなのでメゾネットタイプでない限り専有部分には階段てないんですよね(^_^;) というわけで家のイメージをふくらませてると何かと遊びたくなるのが階段。Pinterestにも今回紹介したもののほかにも階段の写真をたくさんPinしてます。みなさんも内装を考えるとき階段で手を抜かないように。階段大事です。   おしまい。   – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –   この記事で紹介した壁紙はこちら>>>   955027-m Cole&Son CONTEMPORARY RESTYLED Woods&Pears(95/5027)     Wallpaper x Stairs OSBORNE & LITTLE / WALK IN THE PARK / Best In Show (W5872/01)     Bartsch / Nuages de Coton(B001205WPCL01) Bartsch / Nuages de Coton(B001205WPCL01)     タイル柄の壁紙 タイル柄の壁紙     – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –  

こんな本もあった!

  いい階段の写真集 「いい階段の写真集」(BMC,西岡潔)   至高の階段―安全で、美しい階段をつくるためのプロに学ぶ「技術」と「作法」 『至高の階段―安全で、美しい階段をつくるためのプロに学ぶ「技術」と「作法」』   住宅の階段 住宅の階段』

catch

ハギレでコラージュ。

HOW TO

  壁紙1ロールはだいたい10メートル。 柄の大きさ、つまりリピートにもよりますが(同じ壁に貼るのでも、柄が大きい方が必要な壁紙の量は多くなります)、幅2.7mくらいの壁一面(6畳のお部屋の短手:短い方の辺)を貼るのに2-3ロール必要です。   貼る工程ではカッターで余分を切る工程がありますし、用意した壁紙をぴったり使い切ることは稀(まれ)なので端切れがとにかくたくさん出ます。もったいないので小物に貼ったり、以前紹介したみたいにスツールをリメイクしたりパネルを使ってオリジナルの額装を作ったり、楽しみ方はさまざま。   今日はもうひとつ違う方法を。と言ってもそんなに真新しいわけではありません。コラージュです。  

コラージュ1

Source : Pinterest

  ちなみに「コラージュ」を辞書で引くと、 新聞、布などを様々に組み合わせて画面に貼りつけ,特殊な効果を出す現代絵画の一技法。写真に応用したものはフォトコラージュという。 て書いてあります。  

「特殊な効果」

  そうなのです。特殊。特別。スペシャルな印象を与えてくれるんです。センスの見せ所でもある? 色んな色、柄を合わせてしまうと喧嘩しそうですが、もともと自分で選んだデザイン。きっといい具合にマッチするはずです。いい具合に馴染んでくれて、その壁があなたの嗜好を表現してくれる特別なスペースになって特殊な効果を生んでくれるんじゃないかな、と思います。   Pinterestをのぞくと壁紙をコラージュしていい具合にした例がたくさんピンされています。 皆さんも自分のセンスを壁で表現してみませんか。   でもまずはハギレがいるな(笑)  

コラージュ2

Source : Pinterest

 

コラージュ3

Source : Pinterest

 

コラージュ3

Source : WALPA

 

コラージュ4

Source : Pinterest

 

コラージュ5

Source : Pinterest

 

コラージュ7

Source : Pinterest

 

コラージュ8

Source : Pinterest

 

コラージュ9

Source : Pinterest

 

コラージュ10

Source : Pinterest

 

コラージュ11

Source : Pinterest

 

 コラージュ12

Source : WALPA

 

コラージュ13

Source : Pinterest

 

コラージュ14

Source : Pinterest

     

 

写真のコラージュもいい。   もはや壁紙の話じゃなくなっちゃいますが。  

PHOTOコラージュ1

Source : Pinterest

    コラージュといえばWALPAのフリーペーパー『WALLPAPER WORLD』の第9号(2015年1月1日発行)で撮影した壁(5-6ページ)も好評でした。      

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙)

いまビンテージがアツい。

HOW TO

  ビンテージ壁紙が今人気です。一口にビンテージ壁紙と言っても年代や生産地はさまざま。WALPAでは50〜70年代に旧西ドイツやオランダ、ベルギー、イギリスやフランスなどで製造されたものを多く取り扱っています。 ヨーロッパのどこかの倉庫でずっと眠っていたデッドストックが、数十年経って遠い日本の壁を飾っているなんてドラマチック。

  Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙)   レトロでキュートなヴィンテージ壁紙。今では見られないハッとするような色の組み合わせもあり、見ているだけでもとても楽しくなります。アクセントウォールとしてはもちろん、家具に貼ってリメイクするのもオススメ。  

家具リメイク例 Source:Pinterest

家具リメイク例 (Source:Pinterest)

家具リメイク例 Source:Pinterest

家具リメイク例 (Source:Pinterest)

  かわいい柄がいっぱいのビンテージ壁紙にも一つ問題が。    

一期一会

  それは二度と出会えないかもしれないということ。商品自体が50年、60年モノのデッドストックであるため在庫がなくなったらそれでおしまいというものが多いのです。人気の柄は現地のバイヤーに頼んでみたりもしますがなかなか見つからない・・・  

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) - WALPA

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) – WALPA

  50年以上ヨーロッパの倉庫に眠っていた壁紙。出会えたことが奇跡かもしれませんもう会えないかもしれない。まさに「一期一会」なのです気に入ったコがいたら是非持ち帰ってあげて下さい。   全国5店舗のWALPA STORE では1m単位でも販売しています(※)ので、気になる柄を少しづつ購入するのもオススメ。 (※オンラインでは現在1ロール単位のみ)    

注意点も。

  ビンテージ壁紙は名前の通り古いです。中には紙自体がとても繊細で丁寧に扱う必要があるものも。表面の色あせやシミがあるものもあり、それをアジとして楽しめる方でなければ正直向いていません。 Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) 「いくら古いと言ったって買ったものにシミとか許せない」 という方はどうぞ新品の中からぽいものを選んで下さい。よろしくお願いします。   さて!そんなビンテージ壁紙に新柄が少しだけですが到着しましたよ〜!  

New Arrivals

  壁一面に貼っても良さそうな落ち着いて色合い。

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-215

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-215

  クラシックなダマスク柄ですが色の組み合わせがどこか今風。

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-218

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-218

  ゴブラン織りのカーペットやシャイニーなシルクのカーテン、猫足の家具など重厚なインテリアと相性が良さそう。

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-217

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-217

  レトロ!な幾何学模様。ビンテージの王道とも言える柄が2種類。

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-216

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-216

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-219

Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) WD-219

 

おまけ

  Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙) Vintage Wallpaper(ビンテージ壁紙)はこちら>>>