P1-P10

House of Hackney interview

CREATOR

Q1. 壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか?

ベージュや白の壁や絵を飾った壁、単色の壁に飽き飽きしていました。だから自分たちで壁紙を作ろうと思ったの。

Q2. 壁紙に関する最初の思い出は?

小さい頃、教科書が汚れないように壁紙の端切れをブックカバーとして使っていました。

Q3. 自分のブランドを立ち上げる前に壁紙業界での経験はありましたか?

ありません。でもデザインしたパターンを洋服にプリントしていたわ。

Q4. デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか?

洋服の買い付けです。

Q5. 製品化にいたるまでの苦労話、エピソードはありますか?

それまで就いていた仕事を辞めて、ブランドを立ち上げるのはリスクがありました。それが一番大きいかしら。

軌道に乗ってからはすべて問題なしよ。

Q6. 壁紙が自分にとって大切なものになるだろうと思ったのはいつですか?

20 歳の時、それまでの貯金を全部はたいて『Liberty(リバティ)』の壁紙を買ったんです。 胸が高鳴りました!

Q7. 今までに大きな失敗はありますか? 

大きな失敗はないけれど、すべての失敗は自分をステップアップさせてくれると思っています。

Q8. あなたのブランドで一番大切なことは何ですか? 

壁紙にも洋服にもランプシェードにも食器にも、デザインした柄を美しくプリントすること。 何にプリントするかではなく、” プリントすること ” そのものを大切にすることを心がけています。 

Q9. インスピレーションはどこから得ていますか? 

自然からインスピレーションを受けています。無意識のうちに外の景色を室内に持ってこようとしているのかもしれませんね。例えば葉、花、レオパード柄、動物、鳥などなど。 

Q10. あなたのブランドを単語一つで表すとしたら? 

『オリジナル』 

誰にも作れない、私たちにしか作れないオリジナルのデザインを作り続けようと思っています。

Q11. あなたのブランドで一番売れている壁紙は何ですか? 

「Hackney Empire」「Flights of Fancy」「Palmeral」も人気だけど、一番人気は「Inferno」ですね。 

Q12. 気になっている壁紙のブランドはありますか? 

「Martinique」「de Gournay」と「Josef Frank 」が気になります。 

Q13. あなたの壁紙を楽器に例えるなら

ミュージシャンならディビッド・ボウイです。

Q14. 日本についてどう思われますか

日本も日本のみなさんも大好きです。

とても大事に思っています。

Q15. 最後に日本のファンに一言! 

Thank you!!

tracy9

Tracy kendall interview

CREATOR

Q1. 壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか

18年前のある日 自分のキッチンを見渡してときめくものがないことに気がついたの。でも自分の好きなものを買う余裕はなかった。だから自分でナイフ・フォーク・スプーンの壁紙を作ったのよ。それが始まりね。 

Needed it for myself at home in the kitchen, couldn’t afford anything I liked so made my own, the Knife, Fork, and Spoon. 

Q2. デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか

大学のテキスタイルデザインの先生をしていました。 

University tutor. 

Q3. 自分のブランドを立ち上げる前に壁紙業界での経験は ありましたか

何度か個人的なクライアントの為にシルクスクリーンプリントの壁紙を作っ たことがあるわ。
I had hand screen printed wallpaper a few times before for different small clients for their spaces. 

Q4. 壁紙に関する最初の思い出は

幼い頃住んでいた家の一部屋にレンガ柄の壁紙が貼ってあったわ。その壁には姉が本物の卵の殻を使って作った素晴らしい馬のアートが飾ってあったのよ。 

We had a fake brick wall wallpaper in one of the rooms at home when I was little, with an amazing piece of artwork that my sister made of a horse but made from real eggshell pieces. 

Q5. 製品化にいたるまでの苦労話、エピソードはありますか

デザインや製作過程によって全然違うのよ。中には問題なくスムーズに制作が進む時もあるわ。でも新しいデザインを作るときはいつもチャレンジなの。だから壁紙を作るのが好きなの。 

That depends on the design and the production method to realize the design. Some are more straight forward than others but all new designs have a challenge, that why I like them. 

Q6. 避けられたであろうミスはありますか

失敗は成功のもとというでしょう?全て糧になっていくの。だから答えはノー。 間違いも時にはよかったりするもの。
We are all a product of our failures as well as our successes so, no, mistakes can be good. 

Q7. あなたのブランドを単語1つで表すとしたら

Bespoke(=「オーダーメイド」の意) 

Q8. Bespokeで変わった注文はどんなものがありましたか

・デンマークのMagasin du Nordデパートのクリスマスディスプレイ
2m x 2mのハートのオブジェとパネルを作りました。全てハンドメイドで縫って250,000個のスパンコールをつけたのよ。(写真5)

・チェルシー・ガーデン・ショー受賞の際の野外ステージ。(写真6)

Q9. インスピレーションはどこから得てるの

何からでもどこでもインスピレーションは生まれてくるわ。私は特定の場所 でインスピレーションを得るタイプの人ではないの。私のデザインのほとん どは全然違う様々な場所でインスピレーションを得て作られているからデザ インを仕上げる時に全体に深みが増すのよ。 一つの場所に留まってデザイ ンするとフラットで平淡なデザインになってしまうの。 

Anything and everywhere – I have no one ‘go to place’ for inspiration. Lots of my designs are inspired by many different sources so that the final design has a full-bodied depth to it, rather than being very flat and one dimensional in its approach. 

Q10. 愛する人に壁紙を送るとしたらどのデザインですか

For(k 今号表紙の壁紙)です。 初めて作った壁紙のひとつだから私の初恋なの。 The fork, it was one of the first, so it’s my first love. 

Q11. あなたのブランドの中で一番売れている壁紙はどれですか

「cutlery(今号表紙の壁紙)」と「In the White Room(写真7)」です。 

The cutlery and In the White Room. 

Q12. 尊敬している壁紙のブランドはありますか

Zuberです。彼らの歴史と技術の高さは他に類を見ないと思います。 

Zuber – their history and technical abilities are second to none. 

Q13. 壁紙業界に今後期待することはありますか

もっとオリジナリティをもって新しい、モダンなデザインの壁紙の登場を期待 しています。
More original new modern design. 

Q14. あなたの壁紙を楽器に例えるなら何

例えるなら楽器一つではなくてオーケストラのようなイメージ。私自身もオー ケストラのような性格なの。ひとつのことだけしているなんて我慢できないもの!
It could never be just one, it would have to be a chamber orchestra, I do too much to ever be just one. 

Q15. 日本と、日本の市場についてどう思われますか

日本には3度行ったことがあります。とても楽しかったわ。日本の方々のイギリ スブランドへの評価が高いのも嬉しく思っています。
I have enjoyed my three visits to Japan and love the Japanese appreciation of British brands. 

Q16. 最後に日本のファンに一言

情熱をもって。 

Passion 

koziel5

KOZIEL interview

CREATOR

Q1. 壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか?

デパートの窓や舞台のようなインテリアが欲しかったけど、今まで一般向けの インテリアショップにはなかったんだよね。そもそもインテリアのルールが決 まりきっていて、真面目で面白くない。新しいルールとトレンドを作りたかった んだ。

Pouvoir satisfaire une envie personnelle de “théâtraliser” son intérieur à la manière d’une pièce de théâtre ou d’une vitrine de grand magasin. Un clin d’oeil ludique et décalé, ou comment s’affranchir des codes décoratifs souvent rigides, lisses, sérieux ou “entendus”. Bref, créer des motifs que je ne trouvais pas dans le commerce pour “Monsieur et Madame tout le monde” mais réservés réservés aux pros.

Q2. 壁紙デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか?

ブランド「koziel」を始める前は、独学で舞台装飾の勉強をしながら、それを活 かして10年間、チェーン店(ホームセンターやデパート、服飾店舗など)の店頭 ディスプレイのデザインをしていたよ。さまざまなジャンルがあったけど、特に フェイクのディスプレイが人気だったね。 店頭ディスプレイを見た一般のお客さんに同じフェイク風のインテリアがした いってよく言われたんだ。その時はフェイク風のインテリア商材が一般向けに まだ売られていなかったから、みんなにフェイク風デザインを提供しようと思 ったんだ!

Oui en quelques sortes. J’étais directeur de clientèle en agence de publicité pendant 10 ans. Je concevais des décors de vitrines pour de grandes chaînes de magasin internationales (Camaieu, Jules, Leroy Merlin, Sergio Tacchini, Auchan…)et il arrivait souvent que mes clients m’interpellent en me faisant part du désir de leurs propres clients à récupérer les décors de vitrines, tant ils plaisaient et ne se trouvaient pas ailleurs… Ces décors étaient souvent réalisés avec la technique du trompe-l’oeil. Alors l’idée de généraliser cet exercice de style au grand public m’est venu à l’esprit!

Q3. あなたのブランドで一番大切なことは何ですか?

「koziel」の特徴はフェイクデザインの幅広さ。特にこだわっているのは建物の 一部分、例えばレンガ、モールド(廻り縁)、本棚など壁紙とは思えないリアルさ を追求した最高の立体感だね。

Le territoire de notre marque est le trompe-l’oeil sous toutes ses formes avec un penchant pour les matières et les codes architecturaux qui nous entourent : les moulure, les briques, les bibliothèques. Retranscrire la réalité au plus près sans détérioration du réalisme, voilà notre point d’appui majeur et revendiqué.

Q4. 製品化に至るまでの苦労話や、エピソードはありますか?

一番は専門的な問題だね。 壁紙は、色やデザインのバランスが全て。明るすぎず、暗すぎず、きちんと調整 したデザインじゃないとヒット商品になるのは難しい。それだけじゃなく、タイ ミングもとても大事。いくら商品が良くっても、上手くトレンドを読めていない と売れないからね。 設立当初は今の印刷方法と違って生産にさまざまな制限があったから、リピー トデザインのものしか作れなかったんだ。だからデザインを作る時はきっちり 柄のリピートを決めないといけなかった。バランスが崩れないようにすごく注 意したよ。デザインとインテリアのバランスにもとてもこだわったんだ。

Le principal problème est d’ordre technique.
Les écueils sont multiples… En matière de papiers peints, une petite erreur de teinte et/ou de détails dans le motif peut compromettre le succès. Un poil trop foncé, un poil trop clair et votre création peut ne pas être appréciée. Autre erreur : sortir un modèle trop en avance pour son temps. Aussi pertinent soit-il, un motif trop spécial ou trop “tendu” artistiquement parlant peut passer à la trappe parce que le marché, les consommateurs ne sont pas prêts à l’accueillir.
Le vrai papier peint (pas le numérique) est imprimé sur des rotatives qui impose une répétition du motif. Cette caractéristique nous oblige une étude particulière des motifs pour une composition harmonieuse du mur sans accident visuel qui pourrait détériorer l’appréciation globale du motif répété.

Q5. インスピレーションはどこから得ていますか?

ファッション!ファションとインテリアはつながっていると思うんだ。今で は気軽に服を着替えるように、壁紙を変えることができる。昔の人は一度 に壁紙を大量に買って、一生貼り替えることはしなかったんだ。 でも、今は違う。気分や季節によってインテリアをコーディネイトできる 。 壁はその人の個性であり、その人のキャンバスのようなものだね。

L’univers de la mode vestimentaire est une source incroyable d’inspiration. Aujourd’hui la frontière entre la décor et la fringue est quasi inexistante. Les passerelles sont réelles : on habille les murs comme on s’habille soi-même. On change le décor comme on change de chemise : c’est aussi ça les nouveaux modes de consommation du papier peint. Avant nos parents achetaient du papier peint en grand nombre et pour un dizaine d’années… Aujourd’hui, notre mode de consommation à littéralement changé : on achète un ou deux rouleaux et pour quelques mois. On change le décor au gré de ses humeurs et de ses envies. On assume le changement, on désire le renouvellement. Bref, le décor du mur est un mode d’expression de soi, de son état d’esprit, l’envie de vivre, se sourire, de s’émanciper des codes.

Q6. あなたのブランドの中で一番売れている壁紙はど れですか?

やっぱり本棚柄! 『Bibliotheque』シリーズ(写真1)が大ヒットした理由は立体感と色味!

La collection bibliothèque est un succès incontestable. Déclinée en plusieurs coloris, et réellement bluffante elle cultive l’originalité des murs!

Q7. あなたが一番気に入っている壁紙は?

トイレスピリット!(表紙)

狭い空間を簡単にめちゃくちゃにすることができるだろ?この壁紙は最高の遊びグッズだね。この壁紙をリリースしてからビジネスが大幅に変わったんだ。ブランドのターニングポイントになったよ。

Un coup de bluff médiatique autour de la décoration des toilettes : “toiletspirit”. Où comment se lâcher dans une pièce de son intérieur… Le plaisir du délire et assumer ses envies de différence.

Q8. あなたのブランドを単語1つで表すとしたら?

騙し絵!

L’imposture (visuelle) dans sa forme la plus ludique et la plus positive qui soit.

Q9. 愛する人に壁紙を送るとしたらどのデザインですか?

昔から、フランスのとあるお城で生活することが僕のパートナーの夢なんだ。だから、高級感のある『Boiseries 8888-300』(写真3)がピッタリだと思うんだ!

Celui dont rêve mon être cher… Il veut la vie de château en quelques heures? Eh bien les boiseries Haussmanniennes le ravieront à coup sûr.

Q10. あなたの壁紙を楽器に例えるなら?

楽器じゃなくて、オーケストラかな。作品のためにチームが力を合わせて 全力を尽くす。壁紙がクライアントに気に入ってもらえるようにチームと して行動しているからね。

Pas un instrument en particulier, mais plus un orchestre où plusieurs instruments se mettent à jouer ensemble de concert afin de composer un création pertinente et séduisante qui porte le consommateur jusqu’au désir de posséder le papier peint

Q11. 今の壁紙業界についてどう思いますか?

壁紙は世界共通の商材。紙からフリース素材に変わって昔より貼りやす くなって、とても人気の高いインテリアグッズになったよね。フリース素材 に変更したのが壁紙業界にとって一番大きなターニングポイントだね。

Le papier peint est un support connu de tous (tout pays confondu) et les consommateurs ont de moins en moins de freins à la pose, notamment grâce à la qualité intissé (non woven) qui permet de poser les papier peint rapidement et sans bulles.

Q12. 壁紙業界に今後期待することはありますか?

壁がもっと自分らしいスペースを作れるよう、進化させていって欲しい。 有名ブランドに似せたデザインやおもしろくないデザイン、驚きがない 壁紙を無くしたい。 壁紙ってただの綺麗な飾りではなく、お客さんの好みと同時に進化す るもの。その進化に沿ったデザインを目指しているよ。

Que le papier peint continu sa mutation : le mur devient l’espace d’expression artistique de chacun d’entre nous. Au revoir les copier-coller des grands éditeurs, les designs trop sérieux et sans surprises. Bonjour l’audace. Le papier peint ne doit pas être que beau, il doit être intelligent et en phase avec l’état d’esprit des consommateurs. L’intelligence passe l’idée d’une déco mutante et jetable. Rien de figé, toujours en mouvement.

Q13. 気になっている壁紙ブランドはありますか?

”Elitis” と ”Arte” と “Designers Guild”。特に品質が最高だよ。それとオリジナリティがある小さいスタジオも好きだよ。

J’éprouve un grand respect pour Elitis, Artè, Designers Guild pour leur exceptionnelle maîtrise de la technique. Et quelques petits studios design pour l’originalité de leurs créations et leur culture graphique.

Q14. 日本と日本の市場についてどう思われますか?

Made in JAPAN といえば、品質が高くこだわりが強い印象を受けるよ。 ヨーロッパよりもディテールにこだわっていそうだね。デザインに対し ての制限がなさそうな国だとも思う。 日本の皆さんは毎日必死で働いて、職場環境のストレスが高そう。 だからこそ個性的なプライベート空間を楽しむことでストレスを発散し てるイメージ。

Un marché très proche des codes occidentaux avec un niveau d’excellence encore plus poussé. Les japonais ont dans le coeur le souci du détail et se assument aujourd’hui des designs ludiques et décalés. Sans doute la traduction de leur besoin de vivre leur envies à l’instant présent sans repousser au lendemain incertain… Le stress du quotidien booste l’envie d’autre chose… La satisfaction immédiate et sans retenue. La maison est un cocon à présever où l’expression de soi prend toute sa dimension, murs y compris.

Q15. 最後に一言!

誰にも気付かれないような存在にはなりたくない! 中途半端が嫌なんだ。白黒はっきりさせたい。グレーじゃ意味がないか らね。これからもインパクトのあることをして、自己主張していくつもり だよ。

Chaud ou froid. Jamais tiède. Que l’on aime ou que l’on déteste… Peu importe : le principal est de le pas passer inaperçu… Etre transparent, il n’y a rien de pire.

p3-p8

WALPANIAN SALON in TOKYO1

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

シンプルな空間に合わせて、大きな絵画やポスターの様に輸入クロスを使用 してみました。

貼ってみての感想

壁全面に貼らなくても十分な存在感が出ました。

お客様の反応

輸入クロスのデザインの良さに満足して頂けました。

p4-p7

WALPANIAN CAFE in TOKYO1

WALPANIAN MAP

お店のテーマ

「ハンドメイド」自分たちで手作りした空間でお客様に楽しんで頂きたい。(壁紙やペンキだけでなく、レジカウンターなどの家具も手作り)

貼ってみての感想

閉店後などに少しずつ施工していきました。 自分で壁紙を貼れることも知らなかったし、やったみたら思っていたよりカンタンでびっくり!お客様に、自分たちで貼ったと 言うと、すごく驚かれます。フリース素材のものは ”貼って剥がせる” ところも魅力的

お客様の反応

女性のお客様が多いのですが、入ってきた瞬間に「あーかわいい!」って言って下さいます。一階の雰囲気が特に人気です。 女子会で使っていただく時に、みなさん壁紙を背景に写真を撮っていかれます。 半個室とカラオケルームがあるのですが、それぞれ違う壁紙を貼って場所ごとにイメージを変えています。それぞれの場所 で写真を撮ったりして楽しんでいただいています。 サラリーマンの方も来られるのですが、「おしゃれなので会社の飲み会で使いたい!」と予約をいただくこともあります。 最近、トイレを施工したのですが、一階の雰囲気とはまた違うポップな感じにしてみました。常連の方に「見て見て!」って感 じで、トイレを見せてます。特に、リサのフレームとカウンターのタイル柄がお気に入りです。 次はカラオケルームのテーブルの天板に、木目柄か、オレンジの壁紙を貼りたいと思っています。やりはじめると楽しくて、ど んどんカスタマイズしたくなります。床と天井も早く変えたい! ワルパに行くと、おしゃれな壁紙がたくさんあって、ずーっと居たくなります。

p4-p7

WALPANIAN CAFE in NAGOYA1

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

ラグジュアリーな空間

貼ってみての感想

少し難しかったけれど、スタッフみんなでワイワイ楽しんで貼りました!

お客様の反応

特にトイレの壁紙への反応がいいです。「斬新!」とのお声が多いです。

P3-P8

WALPANIAN HOME CENTER in KANAGAWA

WALPANIAN MAP

貼ってみての感想

もともとDIYが好きで、デザイナーのピート・ヘイン・イークみたいに木材でキッチンをDIYしたこともあるんで すよ。WALPA STORE OSAKAにも行ったことがあり、壁紙でおもしろいことをしたいなと思っていたところ、上 司から「今までにないホームセンターを」と指示があり、WALPA STORE TOKYOに行きました。 宮前平はファミリー層が多い地域から米澤さんから「人が集う場所」というイメージでこのPHOTOWALLの壁 紙をご提案いただき即決しました。

評判は上々で、撮影の依頼や売り上げも上がりました!

p4-p7

WALPANIAN CAFE in NAGOYA2

WALPANIAN MAP

お店のコンセプト

僕の「こんなカフェがあったら…」を実現しました。男性でも入り

やすくを意識しました。

貼ってみての感想

デザイナーさんの提案でこの壁紙をはじめて見たとき、お子さんもご来店するので本物の木は・・・と思っていたのですが、触ってびっくりしました!

お客様の反応 

この木の質感にはみなさん驚かれます。いまだ壁紙とは気づいていないお客様もいるんじゃないかな。