flavor6

Flavor Paper interview

CREATOR

Q,壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか?

昔から白い壁が嫌いだったんだ。誰一人家や事務所に壁紙を使お うとする人がいなかったんだ。だから1970年代からの壁紙業界がし てきたことを一度全部壊して、壁紙を再生させることを一か八かや ってみようと決めたんだ。 それに、実は不動産ビジネスをしている時に気に入った工場を買っ たらたまたま壁紙工場だったんだよ。それもひとつのキッカケにな ったね。まさか自分で壁紙を作るなんて思ってもみなかったよ。

I have never liked white walls and didn’t know a soul who had thought of using wallpaper in their home or business, so when I learned of a wallpaper company from the 1970’s that was being burned to the ground I decided to take a chance and resurrect it and start making wallpaper. I was in the real estate business and got the opportunity to buy a beat down wallpaper mill. This is the starting point of my venture into the wallpaper world. That was never even a thought in my mind though.

Q,自分のブランドを立ち上げる前に壁紙業界での経験はありましたか?

全くなかったよ。 Not at all.

Q,壁紙が自分にとって大切なものになると思ったのはいつですか? 

Lenny Kravit(z レニー・クラビッツ)が初めてのお客さんになってくれて、NYタイムズが最初のコレクションを絶賛する記事を書いてくれたんだ。アドベンチャーが始まった感じがしたよ。

When we got Lenny Kravitz as our first client and then a rave review of our first collection in the NY Times I knew I was in for a wild ride!

Q,デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか?

プライベート・エクイティ投資や不動産の開発事業などだね。 In private equity and real estate development.

Q,壁紙を作る上で一番楽しいポイントはどこですか?

壁紙を変えると、部屋の雰囲気だけじゃなくそこに居る人の気持ち まで変えてしまうんだ。そこが一番面白いよ。

Seeing the first installation and experiencing the dramatic change in the space and how people react to it.

Q,これまでどんなところで苦労しましたか?

みんなが壁紙から手を引いた時にこのビジネスを始めたからね。 一種のギャンブルだよ。知識が何もなかったからね。 実は僕らが作っている壁紙は作り始めた当初から技術的な問題がたくさんあったんだ。でも今は完全に克服したね。クオリティーは保証するよ。 失敗は成長への手助けをしてくれる。僕らが成し遂げてきた素晴らしい結果も“幸運な偶然“の賜物だったりするんだよ。

Taking strides to create something adventurous when wallpaper was a dead breed took some guts/ignorance, but clearly it paid off. The technical issues are numerous since we produce all of our wallpaper in house, but I won’t bore you with details. The mistakes all helped us learn along the way and some of our greatest effects we have achieved were results of happy accidents.

Q,インスピレーションはどこから得ているの?

一流のアートムーブメントからインスパイアされているよ。それをパ ターンにするんだ。インスピレーションはどこにでもある。探そうと する意思さえあればね。

We are inspired by major art movements to patterns in puddles. Inspiration is everywhere if you’re looking for it!!

Q,あなたのブランドで一番大切なことは何ですか?

生み出すパターンの独創性と色のカスタマイズのオプション!

The creativity we offer in our pattern selection and color customization options.

Q,あなたのブランドの中で一番売れている壁紙はどれですか?

City Park(画像3)はずっとベストセラーで、Flavor Paperのデザイン として初めてスミソニアン博物館に収蔵されたんだ。 (※スミソニアン博物館は映画「ナイトミュージアム」の舞台になった 博物館)

City Park is our all time best seller and first to go into the Smithsonian Museum.

Q,壁紙業界に今後期待することはありますか?

もっとたくさんコラボレーションが見たいね。それに斬新な素材の 開発にも期待してるよ。

More collaboration and grander events that feature wallpaper. More innovative ground material developments.

Q,誰かあなたに影響を与えた人はいますか? Q,日本と、日本の市場についてどう思いますか?

Jay-Z, Banksy, Nobu Matsuhisa(世界的に有名な日本人シェフ)

Q,尊敬している壁紙のブランドはありますか?

NLXL!革新的で今までの基準を打ち砕くような市場への登場には 感服だよ。

NLXL for their innovative and disruptive entry into the market.

Q,日本と、日本の市場についてどう思いますか?

日本は大好きだよ!日本はすごく面白くて他とは違う国だよね。 Flavor Paperもほかとは違うデザインを目指しているから似ていると思うんだ。ものづくりに対してのクオリティーが高いし、そこは僕らも妥協しないところなんだ。

We love Japan and feel our brand aligns well with the Japanese love of all things fun, funky and whimsical. The great appreciation of craftsmanship is also well aligned with our in house production.

Q,あなたのブランドを単語1つで表すとしたら?

ファンキー Funky

 

Q,最後に日本のファンに一言!

僕達の壁紙は“オイシイ”!(※英語でTastyは“とても良い”という意 味)君の生活にフィットすることまちがいなし!

アリガト!

Our wallpaper is ouishii (tasty) and will soothe your soul! Arigato!