koziel5

KOZIEL interview

CREATOR

Q1. 壁紙ブランドを立ち上げたきっかけは何ですか?

デパートの窓や舞台のようなインテリアが欲しかったけど、今まで一般向けの インテリアショップにはなかったんだよね。そもそもインテリアのルールが決 まりきっていて、真面目で面白くない。新しいルールとトレンドを作りたかった んだ。

Pouvoir satisfaire une envie personnelle de “théâtraliser” son intérieur à la manière d’une pièce de théâtre ou d’une vitrine de grand magasin. Un clin d’oeil ludique et décalé, ou comment s’affranchir des codes décoratifs souvent rigides, lisses, sérieux ou “entendus”. Bref, créer des motifs que je ne trouvais pas dans le commerce pour “Monsieur et Madame tout le monde” mais réservés réservés aux pros.

Q2. 壁紙デザイナーになる前はどんな仕事をしていましたか?

ブランド「koziel」を始める前は、独学で舞台装飾の勉強をしながら、それを活 かして10年間、チェーン店(ホームセンターやデパート、服飾店舗など)の店頭 ディスプレイのデザインをしていたよ。さまざまなジャンルがあったけど、特に フェイクのディスプレイが人気だったね。 店頭ディスプレイを見た一般のお客さんに同じフェイク風のインテリアがした いってよく言われたんだ。その時はフェイク風のインテリア商材が一般向けに まだ売られていなかったから、みんなにフェイク風デザインを提供しようと思 ったんだ!

Oui en quelques sortes. J’étais directeur de clientèle en agence de publicité pendant 10 ans. Je concevais des décors de vitrines pour de grandes chaînes de magasin internationales (Camaieu, Jules, Leroy Merlin, Sergio Tacchini, Auchan…)et il arrivait souvent que mes clients m’interpellent en me faisant part du désir de leurs propres clients à récupérer les décors de vitrines, tant ils plaisaient et ne se trouvaient pas ailleurs… Ces décors étaient souvent réalisés avec la technique du trompe-l’oeil. Alors l’idée de généraliser cet exercice de style au grand public m’est venu à l’esprit!

Q3. あなたのブランドで一番大切なことは何ですか?

「koziel」の特徴はフェイクデザインの幅広さ。特にこだわっているのは建物の 一部分、例えばレンガ、モールド(廻り縁)、本棚など壁紙とは思えないリアルさ を追求した最高の立体感だね。

Le territoire de notre marque est le trompe-l’oeil sous toutes ses formes avec un penchant pour les matières et les codes architecturaux qui nous entourent : les moulure, les briques, les bibliothèques. Retranscrire la réalité au plus près sans détérioration du réalisme, voilà notre point d’appui majeur et revendiqué.

Q4. 製品化に至るまでの苦労話や、エピソードはありますか?

一番は専門的な問題だね。 壁紙は、色やデザインのバランスが全て。明るすぎず、暗すぎず、きちんと調整 したデザインじゃないとヒット商品になるのは難しい。それだけじゃなく、タイ ミングもとても大事。いくら商品が良くっても、上手くトレンドを読めていない と売れないからね。 設立当初は今の印刷方法と違って生産にさまざまな制限があったから、リピー トデザインのものしか作れなかったんだ。だからデザインを作る時はきっちり 柄のリピートを決めないといけなかった。バランスが崩れないようにすごく注 意したよ。デザインとインテリアのバランスにもとてもこだわったんだ。

Le principal problème est d’ordre technique.
Les écueils sont multiples… En matière de papiers peints, une petite erreur de teinte et/ou de détails dans le motif peut compromettre le succès. Un poil trop foncé, un poil trop clair et votre création peut ne pas être appréciée. Autre erreur : sortir un modèle trop en avance pour son temps. Aussi pertinent soit-il, un motif trop spécial ou trop “tendu” artistiquement parlant peut passer à la trappe parce que le marché, les consommateurs ne sont pas prêts à l’accueillir.
Le vrai papier peint (pas le numérique) est imprimé sur des rotatives qui impose une répétition du motif. Cette caractéristique nous oblige une étude particulière des motifs pour une composition harmonieuse du mur sans accident visuel qui pourrait détériorer l’appréciation globale du motif répété.

Q5. インスピレーションはどこから得ていますか?

ファッション!ファションとインテリアはつながっていると思うんだ。今で は気軽に服を着替えるように、壁紙を変えることができる。昔の人は一度 に壁紙を大量に買って、一生貼り替えることはしなかったんだ。 でも、今は違う。気分や季節によってインテリアをコーディネイトできる 。 壁はその人の個性であり、その人のキャンバスのようなものだね。

L’univers de la mode vestimentaire est une source incroyable d’inspiration. Aujourd’hui la frontière entre la décor et la fringue est quasi inexistante. Les passerelles sont réelles : on habille les murs comme on s’habille soi-même. On change le décor comme on change de chemise : c’est aussi ça les nouveaux modes de consommation du papier peint. Avant nos parents achetaient du papier peint en grand nombre et pour un dizaine d’années… Aujourd’hui, notre mode de consommation à littéralement changé : on achète un ou deux rouleaux et pour quelques mois. On change le décor au gré de ses humeurs et de ses envies. On assume le changement, on désire le renouvellement. Bref, le décor du mur est un mode d’expression de soi, de son état d’esprit, l’envie de vivre, se sourire, de s’émanciper des codes.

Q6. あなたのブランドの中で一番売れている壁紙はど れですか?

やっぱり本棚柄! 『Bibliotheque』シリーズ(写真1)が大ヒットした理由は立体感と色味!

La collection bibliothèque est un succès incontestable. Déclinée en plusieurs coloris, et réellement bluffante elle cultive l’originalité des murs!

Q7. あなたが一番気に入っている壁紙は?

トイレスピリット!(表紙)

狭い空間を簡単にめちゃくちゃにすることができるだろ?この壁紙は最高の遊びグッズだね。この壁紙をリリースしてからビジネスが大幅に変わったんだ。ブランドのターニングポイントになったよ。

Un coup de bluff médiatique autour de la décoration des toilettes : “toiletspirit”. Où comment se lâcher dans une pièce de son intérieur… Le plaisir du délire et assumer ses envies de différence.

Q8. あなたのブランドを単語1つで表すとしたら?

騙し絵!

L’imposture (visuelle) dans sa forme la plus ludique et la plus positive qui soit.

Q9. 愛する人に壁紙を送るとしたらどのデザインですか?

昔から、フランスのとあるお城で生活することが僕のパートナーの夢なんだ。だから、高級感のある『Boiseries 8888-300』(写真3)がピッタリだと思うんだ!

Celui dont rêve mon être cher… Il veut la vie de château en quelques heures? Eh bien les boiseries Haussmanniennes le ravieront à coup sûr.

Q10. あなたの壁紙を楽器に例えるなら?

楽器じゃなくて、オーケストラかな。作品のためにチームが力を合わせて 全力を尽くす。壁紙がクライアントに気に入ってもらえるようにチームと して行動しているからね。

Pas un instrument en particulier, mais plus un orchestre où plusieurs instruments se mettent à jouer ensemble de concert afin de composer un création pertinente et séduisante qui porte le consommateur jusqu’au désir de posséder le papier peint

Q11. 今の壁紙業界についてどう思いますか?

壁紙は世界共通の商材。紙からフリース素材に変わって昔より貼りやす くなって、とても人気の高いインテリアグッズになったよね。フリース素材 に変更したのが壁紙業界にとって一番大きなターニングポイントだね。

Le papier peint est un support connu de tous (tout pays confondu) et les consommateurs ont de moins en moins de freins à la pose, notamment grâce à la qualité intissé (non woven) qui permet de poser les papier peint rapidement et sans bulles.

Q12. 壁紙業界に今後期待することはありますか?

壁がもっと自分らしいスペースを作れるよう、進化させていって欲しい。 有名ブランドに似せたデザインやおもしろくないデザイン、驚きがない 壁紙を無くしたい。 壁紙ってただの綺麗な飾りではなく、お客さんの好みと同時に進化す るもの。その進化に沿ったデザインを目指しているよ。

Que le papier peint continu sa mutation : le mur devient l’espace d’expression artistique de chacun d’entre nous. Au revoir les copier-coller des grands éditeurs, les designs trop sérieux et sans surprises. Bonjour l’audace. Le papier peint ne doit pas être que beau, il doit être intelligent et en phase avec l’état d’esprit des consommateurs. L’intelligence passe l’idée d’une déco mutante et jetable. Rien de figé, toujours en mouvement.

Q13. 気になっている壁紙ブランドはありますか?

”Elitis” と ”Arte” と “Designers Guild”。特に品質が最高だよ。それとオリジナリティがある小さいスタジオも好きだよ。

J’éprouve un grand respect pour Elitis, Artè, Designers Guild pour leur exceptionnelle maîtrise de la technique. Et quelques petits studios design pour l’originalité de leurs créations et leur culture graphique.

Q14. 日本と日本の市場についてどう思われますか?

Made in JAPAN といえば、品質が高くこだわりが強い印象を受けるよ。 ヨーロッパよりもディテールにこだわっていそうだね。デザインに対し ての制限がなさそうな国だとも思う。 日本の皆さんは毎日必死で働いて、職場環境のストレスが高そう。 だからこそ個性的なプライベート空間を楽しむことでストレスを発散し てるイメージ。

Un marché très proche des codes occidentaux avec un niveau d’excellence encore plus poussé. Les japonais ont dans le coeur le souci du détail et se assument aujourd’hui des designs ludiques et décalés. Sans doute la traduction de leur besoin de vivre leur envies à l’instant présent sans repousser au lendemain incertain… Le stress du quotidien booste l’envie d’autre chose… La satisfaction immédiate et sans retenue. La maison est un cocon à présever où l’expression de soi prend toute sa dimension, murs y compris.

Q15. 最後に一言!

誰にも気付かれないような存在にはなりたくない! 中途半端が嫌なんだ。白黒はっきりさせたい。グレーじゃ意味がないか らね。これからもインパクトのあることをして、自己主張していくつもり だよ。

Chaud ou froid. Jamais tiède. Que l’on aime ou que l’on déteste… Peu importe : le principal est de le pas passer inaperçu… Etre transparent, il n’y a rien de pire.

20160823_catch

8月のPVランキング。

WALPA jp

こんにちはWALPAです。またしばらく更新が滞ってしまい本当にすみません。 ブログのリニューアルを企画中ですがなかなか進まず・・・   8月は夏休みもあり少しスロー気味なWALPAです。今日は8月ここまでのページビューランキングをご紹介したいと思います。売上ではなくあくまでもページビュー、いわゆるPVです。好評なら定期的にご紹介しますよっと。 ※壁紙のデザインのランキングとしてご紹介したいので、サンプルやセットなどは除外したランキングになっています。  

一位はちょっと意外な・・・

  8月23日現在、約1万5千以上もの壁紙を見ることができるWALPA。 その中で一番見られているデザインはなんだろうとデータを見てたらトップテンはなかなかおもしろい結果になりました。    

No.1 – Stars(HIBOU HOME)

  1位はイギリスのブランドHIBOU HOME(イブ・ホーム)から『Stars』 シルバー、ブルーグレー、ピンクと全3色展開の中から、ピンクだけがランクイン。他の2色は500位以内にも入っていないのに・・・この差は何なんでしょう。   実はこのカラーはWALPAの本部オフィス(大阪)のキッズルームの天井に貼ってあって、その画像はページでも紹介しています。  

HIBOU HOME / Stars HH00801

HIBOU HOME / Stars HH00801

 

No.2 – Briques(koziel)

  続いてはWALPAの柄の中でも常にダントツ人気のレンガ柄。中でもフランスのkoziel(コジエル)のこの白レンガはWALPAスタッフならほぼ全員が品番を頭に叩き込んでいるぐらいの人気のデザイン。ミニマルなコーディネートにもナチュラルなコーディネートにもイケるコが安定のランクイン。   去年の終わりに発表したWALPAのランキングでも4位にランクインした、つねに成績優秀な優等生レンガです。  

KOZIEL / Briques (レンガ) 8888-101K

KOZIEL / Briques (レンガ) 8888-101K


 

 

No.3 – b.b. 479638(rasch 2017)

  3位に入ったのはドイツのrasch(ラッシュ)社の壁紙から、ウッド柄の新定番になりつつあるこのデザイン。WALPAの人気ランキングで常にランク入りするあの壁紙を追い落とさんばかりの勢いで売れ続け、発売開始直後は供給が追いつかないほどでした。何度緊急輸入したことか・・・ raschはもともと世界でも有数の壁紙メーカーですが、ここ数年日本でも急速に知名度が上がってきている、壁紙初心者にも安心しておすすめできるメーカーですよ♪  

rasch 2017 / 479638 (b.b.home)

rasch 2017 / 479638 (b.b.home)

 

No.4 – SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK PHE-03(NLXL)

  この記事を読んでくれているような壁紙に興味がある方ならばきっと知らない人はいない、であろうピートが4位にランクイン。ピートが入らないわけないよな、と思いながらランキングを開いていって3位までに入ってなかったので、おそるおそるビビりながら開いたら4位にいました。   WALPAでも一番画像投稿も多いこのデザインは、もはやWALPAのド定番。なのに何度見ても飽きない不朽の名作です。  

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-03

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-03

 

No.5 – Tranquil Aqua(Graham & Brown)

  5位はちょっと渋好みな味わい深いブルーが魅力のTranquil Aqua。 質感も良くてちょっぴり和紙のような雰囲気。是非お店のカタログで実物を確かめて欲しいデザインです。  

Graham & Brown / Pure Tranquil Aqua 100535

Graham & Brown / Pure Tranquil Aqua 100535

 

No.6 – Stylized Cactus on Shelves Wallpaper(koziel)

  続いては少し前に発売開始したばかり、koziel(コジエル)のサボテン柄!今年期待の新作です。フランスでもサボテン・多肉植物はブームになっているようで、うまくデザインしています。   少し前からデザイナーとのSkypeミーティングでは何度となくチラ見せしてくれていて、あーでもない、こーでもない言いながらやっと出来上がったのが今作。本国でも評判は上々のようです。いつもあまり注文が入らない国からも注文が殺到しているようで、WALPAでもさっそく在庫して絶賛販売中です♪  

KOZIEL / STYLIZED CACTUS ON SHELVES WALLPAPER

KOZIEL / STYLIZED CACTUS ON SHELVES WALLPAPER

 

No.7 – SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK PHE-08(NLXL)

  ピートが4位のPHE-03に続いてPHE-08もランクイン。トップテンに2種類ランクインしたのは上のkozielとピートだけ。やっぱり圧倒的。   そしてWALPAのユーザーがいかにフェイクデザイン(『Trompe-l’œil(トロンプ・ルイユ)』とも言いますね)が好きかがよく分かります。  

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-08

SCRAPWOOD WALLPAPER / PHE-08

 

No.8 – Parquet(Ella Doran)

  ヘリンボーン強し! 今回もっとも驚いたのはこちら。WALPAの中でも決してメジャーではないイギリスのブランド、Ella Doran(エラ・ドラン)の新作がランクインです。 これまでもヘリンボーンの柄はありましたが、ここまでカンペキなヘリンボーンはこれが初めてかも。輸入壁紙としては珍しく幅が110cmあるので貼るのにちょっとコツがいりそうですが(しかもミミあり)、「壁をヘリンボーンにしたい!」という欲求を満たしてくれる真打ちの登場です。  

Ella Doran / Parquet

Ella Doran / Parquet

 

No.9 – ナガスクジラ(kata kata) 【WALLTZ】

  WALPAでは国内のクリエイターのオリジナルデザインの壁紙を発信する姉妹店WALLTZ(ウォルツ)の壁紙も購入することが出来ます。 そのWALLTZからダイナミックなクジラのデザイン。ミューラル(壁画)タイプでは一番のPVで。   kata kataは2004年より活動を開始した松永武と高井知絵によるユニットで、型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。 kata kataさんの絵柄はクジラの他にクマ、オオカミ、マンドリルなどあって、豆皿がとても可愛いんです。私もお店で出会えたら買いたいなと思ってるんですが、なかなか出会えないのでオンラインショップで買おうかな。。。。 壁紙はクジラの他にクマも販売中です。  

【WALLTZ】 kata kata / ナガスクジラ

【WALLTZ】 kata kata / ナガスクジラ

 

No.10 – LIFE CREATIVE COLLAGE(1wall)

  「LIFE」誌の表紙を飾った歴史的な価値のある写真を選りすぐってポスターのように、自由に貼っていい新しいタイプの壁紙。ユーザーの方がさっそくインスタでも投稿してくださってます。  

1 Wall / Creative Collage LIFE CREATIVE COLLAGE

1 Wall / Creative Collage LIFE CREATIVE COLLAGE

 

<<後記>>

いかがでしたでしょうか、販売数ではないPVでのランキング。個人的には結構面白かった。好評でなくてもまたやりたい。   ちなみに10位のLIFE。去年メーカーからカタログで新作お知らせが来た時は実はスルーしかけてたんですが、1月にドイツの展示会で実物を見て輸入を決めた商品でもあります。やっぱり壁紙は実物を見てなんぼやで!て脳内でエセ関西弁で叫んだ想い出深い一品になっています。みなさんも気になるデザインがあったら是非ショップに足を運んで下さいね。 壁紙を商品と呼ぶのは個人的に結構抵抗があるんですが作品というのもちょっと大げさすぎる気もしていたりします。中にはもちろん「作品」と呼ぶにふさわしい壁紙もありますよ。

HEIMTEXTIL 2015

弾丸ツアー in フランクフルト

CREATOR

時差ボケも解消できたのでやっと更新。 2015年1月16・17日の2日間、ドイツ・フランクフルトで開催された「ハイムテキスタイル2015」に行ってきました! 現地3泊で2都市訪問、時差ボケが治る頃に帰国するというそこそこ弾丸なツアー! いつも元気なWALPAのバイヤー担当Xavier(ザビェ、下写真右)も帰国初日はお疲れモードで口数も少なめでした。 さっそく現地レポートいきます!  

KOZIELのブースにて@HEIMTEXTIL

KOZIELのブースにて@HEIMTEXTIL (右がWALPAバイヤーXavier)

 

まるで宮殿

  上の写真はWALPAでも人気のブランド、フランスのKOZIEL(コジエル)のブース。だまし絵デザイン(=Trompe-l’œil)が得意のKOZIEL。上の写真で何か気づきませんか?   アンティークぽいマントルピースとその上のミラーに写っている豪華なシャンデリア。そして両側の本棚に豪華なモールディング装飾の腰壁。これら全てがだまし絵なのです! 正確には真ん中のマントルピース〜ミラーは壁紙ではなくだまし絵がプリントされたファブリック(同じデザインで壁紙にも展開予定)。 まるで宮殿みたいな豪華なモールディングの柄はファブリックとして3年ほど前から展開していてWALPA STOREの人気商品のひとつ(オンラインでは現在販売していません)。   この宮殿風のファブリック、下の写真のようにたくさんのデザインがあり、組み合わせてコーディネート可能。ヴェルサイユ宮殿みたいな空間を作っちゃうことだってできちゃいます♪  

Velvet Wallcoverings Sample(KOZIEL)@HEIMTEXTIL

Velvet Wallcoverings Sample(KOZIEL)@HEIMTEXTIL

  その他のKOZIELのブースの様子はこちら。だまし絵のパネル、フレーム、クッションをディスプレイ。

KOZIELのブースにて@HEIMTEXTIL

KOZIELのブースにて@HEIMTEXTIL

    つづいてはSCRAPWOOD WALLPAPERシリーズがWALPAの売り上げトップに君臨し続けるオランダNLXLのブースにて。  

いつもハイテンションなNLXLガイズ♪

 

NLXLのブースにて@HEIMTEXTIL(左端WALPAのボス・ハマモト、右端WALPAバイヤーXavier)

NLXLのブースにて@HEIMTEXTIL(左端WALPAのボス・ハマモト、右端WALPAバイヤーXavier)

  後ろに張ってあるのは日本未発表の新作。ロシアのアーティストEkaterina Panikanovaによるデザインです。ご紹介できるのが楽しみ! NLXLの面々は毎回お揃いのオレンジのスニーカーでキメてます。オランダカラー!   この新コレクションは名前(BIBLIOTECA=イタリア語で図書室)の通り、本をモチーフにしたデザイン↓  

BIBLIOTECA WALLPAPER BY EKATERINA PANIKANOVA

BIBLIOTECA WALLPAPER BY EKATERINA PANIKANOVA@HEIMTEXTIL

  毎年新しい切り口で壁を遊ぶ楽しさを教えてくれるNLXL。過去2回、ICFFでエディターズ賞受賞はやはり伊達じゃありません。    

お次は世界の壁紙四天王

  ドイツのrasch(ラッシュ)です。昨年日本での新コレクション発売を機に価格改定(7,000円→4,500円)して以来売れまくっているrasch(ラッシュ)。 今年もばっちり新作を見せてもらってきました!  

raschブースにて現地の担当者と@HEIMTEXTIL

raschブースにて現地の担当者と@HEIMTEXTIL

  背景のバナナリーフの壁紙も今回最も目を引きました。バナナリーフの壁紙と言えばWALPAでもコレが人気ですがこちらはrasch(ラッシュ)流の解釈のバナナリーフ。トイレにグリーンが欲しいと思ってたのでちょうどいいなぁ。(発売はもう少し先になりそうです。しばしお待ちを!   →  と思っていたらこちらは今回は取り扱いできなさそう・・・残念です。   他にもアニマル柄など面白いのがたくさん♪ FENDIのマフラーがよく似合う担当さんにいろいろ紹介してもらいました〜  

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

  raschは「壁紙四天王」と呼ばれるだけあってブースも巨大でした(笑)

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

rasch(ラッシュ)のブースにて@HEIMTEXTIL

      オオトリはグラハム!  

GRAHAM & BROWNのぶーすにて@HEIMTEXTIL

GRAHAM & BROWNのブースにて@HEIMTEXTIL

  まじめに商談中。

GRAHAM & BROWNのブースにて商談中@HEIMTEXTIL

GRAHAM & BROWNのブースにて商談中@HEIMTEXTIL

GRAHAM & BROWNのブースにて商談中@HEIMTEXTIL

GRAHAM & BROWNのブースにて商談中@HEIMTEXTIL

  GRAHAM & BROWNでは他にもたくさんあったのですが、ちょっとまだお見せできないのが残念。年内にはビッグニュースが届きそうです♪  

GRAHAM & BROWNのブースにて@HEIMTEXTIL

GRAHAM & BROWNのブースにて@HEIMTEXTIL

  最後の写真はフリース(不織布)壁紙専用のり「Superfresco easy Wallpaper Paste(スーパーフレスコ・イージー・ウォールペーパー・ペースト)」の紹介とともにフリース(不織布)壁紙の利点をポイントで解説。とても分かりやすくて参考になりました。 WALPAでも毎月行っている「はじめての輸入壁紙貼り方教室」はフリース(不織布)壁紙を使用してその貼りやすさに重点を置いてご紹介していますが、壁紙の本場ヨーロッパでも素材はフリース(不織布)が大人気。フリース(不織布)壁紙が登場してからその扱いやすさから、それまで右肩下がりで衰退しかけていた壁紙市場自体が一気に盛り返し、今では素材の占有率が6割を超えるとまで言われています。それに対して日本でのシェアは・・・まだまだ日本の壁紙市場はもっともっと面白くなります(します)よ!     気づいたらWALPAの4大人気ブランドのご紹介になってしまいましたね・・・ その他にもたくさんチェックしてきましたのでおいおい紹介しまーす!    

おまけ

  ハイムテキスタイルの翌日、ドイツヘッセン州の小都市Kassel(カッセル)へ。こちらの目的はMuseum Schloss Wilhelmshöhe、壁紙美術館です。 残念ながら2008年からの改装がまだ続いていて規模は小さかった。。。でも『Wandlust』という18-19世紀の歴史的な壁紙や(それらと比べると)新しい70年代の壁紙を使った展示は見応えがありました。  

Museum Schloss Wilhelmshöhe

Museum Schloss Wilhelmshöhe@Kassel

Museum Schloss Wilhelmshöhe

Museum Schloss Wilhelmshöhe@Kassel

Xavier

Xavier@Kasselへの列車内

↑ 典型的なラテン人気質のXavier。やっぱり?切符の買い方間違えました。 「ヨーロッパわかんなーい。日本が一番いいねー。」by フランス系のXavier     – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –  

この記事で紹介されたのはこちら

  ■だまし絵柄はWALPAのサイトでは『柄でえらぶ>フェイク』から 柄で選ぶ>フェイク   ■貼ってはがしやすいフリース(不織布)壁紙専用粉のり

張ってはがしやすい 輸入壁紙専用粉のり

Superfresco easy Wallpaper Paste(スーパーフレスコ・イージー・ウォールペーパー・ペースト)

  ■NLXLのICFFエディターズ賞受賞した壁紙 ・SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK(2011年)

SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK

SCRAPWOOD WALLPAPER BY PIET HEIN EEK

  ・ARCHIVES WALLPAPER BY Studio Job(2014年)

ARCHIVES WALLPAPER BY Studio Job

ARCHIVES WALLPAPER BY Studio Job

  ■バナナリーフの壁紙(Beverly Hills Wallpaper / Martinique)

Beverly Hills Wallpaper / Martinique

Beverly Hills Wallpaper / Martinique